FC2ブログ

静岡県富士山世界遺産センターと、富士山本宮浅間大社へ

ぶらぶら
04 /10 2019
一度行ってみたかった「静岡県富士山世界遺産センター」へ行ってきました。静岡県と手前につくのは、山梨県にも富士山世界遺産センターがあるからです。カーナビに「富士山世界遺産センター」と入力すると山梨県を表示しました。地図データが古いため、富士宮にある静岡県は表示されないのです。こういう時、常に最新情報であるスマホのグーグルマップナビが役立ちます。
19040601.jpg 
静岡県富士山世界遺産センター

ここから歩いてすぐの場所に、富士山本宮浅間大社があることからか、大きな立派な鳥居があり、神社名が「富士山本宮」とありました。
19040602.jpg 
鳥居越しに富士山を仰ぐ
19040603.jpg 
その隣にあるのが富士ヒノキで装飾された逆三角形の見事な建物が富士山世界遺産センターです。逆三角形のデザインは、手前の水面に写しだされることで富士山となるようですが、この日は水面が風で細かく揺れ、太陽の位置も悪く、壮大な仕掛けも見ることができませんでした。
19040604.jpg 
入場口の横からもなかなかの迫力です。

公式サイトで水面に写し出される姿をご覧ください。

入場料は300円とリーズナブルで、1階から最初だけ階段ではあるものの、すぐに螺旋のスロープとなり、真横に広がるスクリーンに映し出される景色を見ながら、5階までのスロープを登りつつ、富士登山の疑似体験ができる構造になっていました。
19040605.jpg 
富士山頂の雲海の景色の先に展望ホールがあり、目の前に富士山が現れます。この日は富士山も今ひとつですが、天候が良ければ、床に逆さ富士が写ります。

1階には「富士山ライブラリー」もあり、富士山に関する書籍が自由に閲覧できます。ここで疑似体験すると、今度は富士登山にチャレンジしてみたくなるかも。

次に、すぐ近くにある富士山本宮浅間大社へ。
19040606.jpg 
その前に「お宮横丁」なるものを見つけ、
19040607.jpg 
路地の先に屋台村があり、本場「富士宮やきそば」を食べました。
19040608.jpg 
富士山本宮浅間大社の大鳥居を抜けたすぐのところで、満開の桜越しに富士山。
19040609.jpg 
境内は桜まつりが開催され、
19040610.jpg 
満開の桜の下で舞楽のリハーサル?(衣装が普段着でしたので)が行われていました。
19040611.jpg 
山野草のシャガ越しに見る湧玉池
19040612.jpg 
ちょうど満開時期に訪れることができ、思いがけず境内でお花見を楽しむことができました。

昨年は指を骨折し、富士登山できなかったので、今シーズンが待ち遠しいです。
関連記事

ラピータ

ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの愛好家で、作品について、開催されたピーターラビットのイベントやグッズ紹介、ピーターラビットの故郷英国について紹介するホームページ「ラピータの部屋」のブログです。
ブログに掲載している写真はすべて転載禁止です。