FC2ブログ

富士山と桜と忠霊塔が同時に見える新倉山浅間公園へ

ぶらぶら
04 /13 2019
今朝は早起きして、「富士山」と「桜」と「忠霊塔」が同時に見える新倉山浅間公園へ行ってきました。まずは富士山が見えるか確認「富士山ヨシ!」、次に桜の開花状況「七分咲き、ビミョーだがまずヨシ!」と、現地に6時半過ぎに到着するも、駐車場が満車で「ヨシ」ではなかった。

係のおじさんに教えていただきながら、少し離れた位置に停めることができ、まずは忠霊塔越しに桜を見るために展望台へと急ぎます。

桜の時期の展望台は、多くの人でごった返しになり、混みこみとなりながらも場所を見つけて撮影という感じで、係の人に「撮影終わったら移動してください」と言われぐらいでした。
19041304.jpg 
しかし、今年はなんということでしょう~。展望台は、完全入れ替え制となり、展望台から撮影するためには行列に並ぶしかありません。
19041305.jpg 
美しい富士山を桜の枝越しに撮影しながら行列に並びます。

行列は、展望台から東屋付近のとこが最後尾だったので、20分待ちで展望台にたどり着き、撮影時間5分間との制約の中、撮影してきました。
19041306.jpg 
こちらは標準ズームで撮影
桜は七分咲きとのことで、忠霊塔手前の桜は満開で見頃でしたが、階段の最上段付近の桜がまだ咲いてないため、桜のパワーが足りないという写真になりました。
19041307.jpg 
こちらは魚眼レンズで撮影
19041308.jpg 
こちらはiPhone6sで撮影
19041309.jpg 
忠霊塔は、下から見上げる方が美しいのですが、富士山と一緒に撮りたいとなると展望台に入る行列に並ばないといけません。

19041311.jpg 
階段の一番下から見る富士山。この辺りの桜は満開です。
19041312.jpg 

三國第一山鳥居から見る富士山
19041302.jpg 
こちらは「テング巣病」にかかった桜の木。こうなってしまうと花は咲かないどころか、病気が広がり枯れてしまいます。

この素晴らしい景色は、「ミシュラン・ガイド・ブック日本編」の表紙に掲載されたことから有名になり、テレビなどでも番組に取り上げられ人気スポットとなりました。現在満開の桜は来週散り始めるでしょうけれども、まだこれから咲く木もありますので、「富士山ヨシ!」の日に是非ご覧ください。

また富士山は気まぐれなので、朝早い方が見られる確率は高いです。平日はここまで混んではいないと思います。この日は週末で、待ちに待った桜が開花した状況だったので、混みあったのでしょう。ちょうど展望台で撮影し終え、行列に目をやると、8時前で1時間待ちとなっていました。

これでは整理券こそないものの、上野動物園のシャンシャンを見るのと同じレベルですね。
関連記事

ラピータ

ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの愛好家で、作品について、開催されたピーターラビットのイベントやグッズ紹介、ピーターラビットの故郷英国について紹介するホームページ「ラピータの部屋」のブログです。
ブログに掲載している写真はすべて転載禁止です。