FC2ブログ

NHKザ・プロファイラー~夢と野望の人生~「ビアトリクス・ポター」紹介の感想について

ビアトリクス・ポターについて
04 /16 2019
190314.jpg 

ビアトリクス・ポターの生涯を、「何故ピーターラビットを描いたのか?」、「何故デビュー作をヒットさせることができたのか?」、「何故湖水地方に移り住んだのか?」という3つのテーマと、それぞれのキーワードで構成された番組。

それぞれのテーマ毎に制作されたVTRを見ながら、気になった「キーワード」をピックアップして、スタジオトークが繰り広げられました。

「歴史が大好きな岡田准一氏が、時代を動かした人物たちの謎に挑む。栄光と苦難の生涯を生きた先人たち感動の人間ドラマ」というのが、番組コンセプトです。

VTR出演は、ビアトリクス・ポター協会の発行する「Journal & Newsletter」の元編集者でビアトリクス・ポター研究家のリビー・ジョイさんと、同じくビアトリクス・ポター協会のリエゾン・オフィサーを務め、大東文化大学 文学部英米文学科教授の河野芳英さんと、精神科医の香山リカさんが、要所、要所に出演され、ビアトリクスのエピソードや、解説、作品から読み取れることなどを盛り込まれていました。

ここからは番組を見て、私が感じた感想です。

タイトルに「本当は怖い『ピーターラビットのおはなし』」とありましたが、ビアトリクスが作品にある怖い話しの部分よりも、むしろビアトリクスの生きた時代、女性にとって厳しく、また両親、とりわけ母親の愛情のかけらも感じない、娘を道具か、駒のように扱うつれなさの部分がクローズアップされていたように感じました。

ビアトリクスは幼少期から青年期にかけ、その時代のお金持ちの娘がそうだったように、住み込みの家庭教師により教育を学びました。同世代の友人は一人もいない環境で育ちました。そんな友人も少ない中、「絵を描くことが好き」という気持ちを忘れずに、友達のように一緒に育ったペットである動物や、植物を描くことで生きてきた。

そして、「絵を描くことが好き」でつかみ取った運命と、最後には自分を導いてくれた動物たちへの感謝の気持ちが、自然保護活動につながっていった。ビアトリクスは、最後まで人間を上手に描くことはできなかったけれど、それは育った環境にあり、友達は動物だったから。

ビアトリクスの生きた時代、親の希望する相手と結婚することこそが、女の幸せ、家族の幸福と信じて疑われない時代に、一石どころか、二石、三石と石を投げ込み、強い意思と、諦めない気持ちで、自分が思い描いた理想を成し遂げた女性、ビアトリクス・ポター。

スタジオトークも、いちいちうなずいてしまうぐらい納得のご意見ばかりで、特に私が心動かされたのは「創作の源は母だったのではないか?母に自分の作品を認めて欲しい、理解して欲しいという思いがあったのでは」という意見でした。

ビアトリクスは、母について語ることは滅多になく、研究者の間でも謎に包まれた部分が多い女性ですが、その母が亡くなった時お悔やみのお手紙の返事に、

「母の頭は素晴らしくはっきり(wonderfully clear in mind)していました。でも安らかな眠りにつけてよかったと思います」
(出典:『ビアトリクス・ポター ピーターラビットと大自然への愛』著:リンダ・リア 訳:黒川由美)

と、1933年エレノア・ローンズリーに宛てた手紙に書かれていました。

93歳という高齢で亡くなった母ヘレン。ビアトリクスの人生の岐路となる折々で、彼女の決断を揺るがす大きな壁となり立ちはだかりました。でもその壁があったからこそ、ビアトリクスは強くなれたのではないか。母ヘレンの存在は、ビアトリクスにとって超えることができない壁だったかもしれない。でもここを超えなくてはという気持ちが、「諦めない人生へ」とつながっていったのかもしれないと思いました。

改めまして、TV番組は限られた時間内で、上手にまとめられて、尚且つ感動しました。


19ukcock01.jpg 
こちらは、「ザ・プロファイラー」には関係ないけれど、ビアトリクスが1927年に開発業者の手に渡るのを守った土地、ウィンダミア湖畔のコックショット岬です。昨年訪れた湖水地方で、一緒に行ったメンバーの中でも、とっても素敵で気持ち良かったと意見が一致した場所です。そんな場所がもう一カ所あります。それはまた旅行記ブログで紹介します。

以上、NHKザ・プロファイラー~夢と野望の人生~「ビアトリクス・ポター」紹介の感想についてでした。
関連記事

ラピータ

ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの愛好家で、作品について、開催されたピーターラビットのイベントやグッズ紹介、ピーターラビットの故郷英国について紹介するホームページ「ラピータの部屋」のブログです。
ブログに掲載している写真&文章は、すべて転載禁止です。