FC2ブログ

尾瀬&日光 夏の車中泊旅行その5 華厳の滝&奥日光へ

車中泊
08 /19 2019
夏の車中泊旅行その4の続き、日光といえば「東照宮」、「華厳の滝」、「中禅寺湖」、「いろは坂」、「奥日光」とスラスラ答える主人。今回の旅行は行ったり来たりを繰り返すことになりましたが、峠を走るのが大好きな主人にとって最高のドライブになったようです。

日光山内(東照宮を含めた寺社などある一帯)と奥日光の間に、どうしても避けて通れない急な峠道があり、48箇所のカーブがあることから、いろは歌になぞらえて各カーブを上りからいろはの順に看板がつけられた「いろは坂」があります。

そんないろは坂は、下り専用と上り専用に分かれ、それぞれ一方通行のため対向車はないものの、カーブがきつく、下りなどはジェットコースターのようにストンと落ちる感覚で滑り降りていきます。

今回の旅は、いろは坂を上り2回、下り3回も走らせました。主人はアニメ「頭文字(イニシャル)D」になぞらえて「頭文字E(エヴリィワゴンのE)」と嬉しそうでした。私は看板のひとつ、ひとつを目で追いながら「いろはにほへとちりぬるを」と、楽しんでおりました。

この坂の名物のひとつ、紅葉の時期は山が燃えるように染まりそれは見事だそうですが、それを目当てに大渋滞が発生します。しかし渋滞しながらも山々の紅葉を楽しめるということと、もうひとつは野生の猿です。ここはそんな猿が見られるスポットです。真夏の暑いこの時期に猿が出てくるとは思いませんでしたが、子猿が2匹ガードレールの上を散歩している姿も見られました。

では何故そんなにいろは坂を行き来することになったか、先を急ぐあまり華厳の滝へ向かう前、いろは坂の上りに入る手前にあったローソン&ファミリーマートが、奥日光方面へ行く最終コンビニであると、事前に調べるのをうっかりしていました。

中禅寺湖と奥日光にデイリーヤマザキはそれぞれ1軒ずつあるにはあるのですが、皆さん考えることは同じで購入できるのは食料品以外、お弁当などにありつけません。町中にはどこにでもあるコンビニやスーパーですが、山の中はそんなに便利ではないので要注意です。食堂の1軒ぐらい奥日光にあるはずと思いきや、もしあったとしてもランチで営業終了です。ましてやお盆時期は営業していたかどうかも分かりません。

19081219.jpg
華厳の滝
19081222.jpg
いろは坂を上った先にある華厳の滝は、男体山の噴火で生まれた中禅寺湖の湖水が大尻川となり、高低差97mの岩壁を流れ落ちます。滝として流れ落ちる岸壁部分は、崖崩れを引き起こし数メートル後退し現在の姿になったそう。
19081221.jpg
華厳の滝エレベーター(560円)は、岩盤の中を100m下った先にある滝正面の観瀑台につながっています。扉が開くと岩盤のトンネルの通路にでるのですが、通路内が涼しくてひんやりとした空気に包まれ、体にたまった熱が一気に持っていかれるそんな気持ちの良さです。
19081223.jpg
滝の落水量は毎秒2.5トンで、轟音と共に、滝飛沫が空中に水煙のように漂います。滝中段の細い滝は十二滝と呼ばれていて、上からでは半分の6滝しか見られません。滝は、滝つぼが見える位置から見るのが、圧倒的に迫力がありますね。ただただ圧倒されるこの滝は、日本三大名瀑のひとつなので、残り和歌山の那智の滝、茨城の袋田の滝を制覇すればコンプリートです。
19081224.jpg
男体山
中禅寺湖の後ろを振り返ると円錐形の独立峰の山が見え、これが日本百名山のひとつ男体山。

19081225.jpg
この日の車中泊は、奥日光湯元本通り北駐車場(標高1435m)。

途中、いろは坂を再度上る際、華厳の滝駐車場入り口を先頭に渋滞となり、なかなか前に進めずヤキモキしましたが、16時少し前に到着。湯元温泉郷の日帰り温泉のひとつ「おおるり山荘」の営業時間が17時終了だったため、急いで温泉へ。
19081227.jpg
おおるり山荘 日帰り温泉13時~17時 500円

久しぶりの硫黄成分の温泉、乳白色の湯につかることができました。ザ・温泉はやはりこうでなくっちゃ。しかし、日帰り温泉の営業時間が短く、混雑はそれほどでもなかったですが、時間が気になりゆっくりできなかったのが残念。
19081226.jpg
奥日光湯元温泉旅館協同組合旅館案内所に貼りだされていた日帰り温泉入浴マップ(リンク先PDFファイル)

ホテルの日帰り温泉は、施設も立派でしょうけれども料金も高い。混雑時は入浴を断られるケースもあるそうです。

車中泊した駐車場は、標高が高いこともあり涼しく快適で、扇風機も必要なく、ぐっすり眠ることができました。停車している車もほとんどが車中泊で、車中泊車ににとってはパラダイスのような場所。夏は標高1000m以上でなければいけませんね。

次は奥日光の観光スポット戦場ヶ原に立ち寄り帰途につきました。この続きは次の車中泊その6のブログにて。最後までお読みいただきありがとうございました。

関連記事

ラピータ

ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの愛好家で、作品について、開催されたピーターラビットのイベントやグッズ紹介、ピーターラビットの故郷英国について紹介するホームページ「ラピータの部屋」のブログです。
ブログに掲載している写真&文章は、すべて転載禁止です。