FC2ブログ

英国旅行記2018年 湖水地方 アンブルサイドのブリッジハウスとアーミットライブラリ―へ

英国
10 /19 2019
三つ目の目的地アンブルサイドの町に到着しました。レイカースルから車で約15分、ウィンダミア湖の北の端にあり、湖水地方の玄関口であるウィンダミアや、ボウネスと同様に賑やかな町です。

アンブルサイドという名前の由来は、古北欧語の「アメルセート(Amelsate)」で、その意味は、町の真ん中を流れるストック川と、水によって運ばれ堆積した砂州と、そして夏の牧草地という3つの言葉の組み合わせで、景色そのものが名前の由来となっています。

このストック川(Stock Beck)の小さな橋の上にあるのが、この町一番の観光スポット「ブリッジハウス」です。
uk376.jpg
ブリッジハウス

17世紀、地元で裕福なブレイスウェイト家が、川の向こう側にリンゴ園を営み、川を行き来できるように橋を建設したのが始まりです。その後、リンゴを貯蔵するために「ブリッジハウス」という名前通り、橋の上に家を建てました。

この家が建てられた当初は、川向うに行き来できるよう、建物の両側に扉が付けられていましたが、現在はライダル通りに面した方のみ出入りできます。

人が4、5人入ると身動きできなくなるぐらいの小さな家で、外階段でつながる2階建てです。次々と人手に渡った家は、リンゴ貯蔵庫の他にも織物店、椅子メーカー、アンティークショップ、靴屋など、様々な用途で使用されました。住居として子ども6人を含む一家8人で暮らしていたという記録もあります。

この「ブリッジハウス」について、吉田新一先生の著書「ピーターラビットの世界」の第7章に、「ビアトリクスがブリッジハウスを守るように」と、ナショナルトラストへアドバイスしたことが紹介されています。詳細はぜひ書籍をご覧ください。
uk377.jpg
ブリッジハウス ライダル通り側の入口
ビアトリクスの協力を得て、現在はアンブルサイドの伝統的な建物として、町一番の観光スポットとなりました。私達が訪れた時も次から次へと観光客が訪れ、外観を見た後、狭い家に吸い込まれていきます。

家の中は、アーチストが描いたブリッジハウスの作品が飾られ、ナショナルトラストのグッズショップになっていました。

ブリッジハウスの道路(ライダル通り)を挟んで北側に、アーミットライブラリーがあります。
uk378.jpg
道路を渡った先にあるアーミットライブラリ―の横幕

アーミットライブラリーは、メアリー・ルイーザ・アーミットと、二人の姉の意志のもと、1912年に会員制図書館として開設されました。

コンセプトは、「学生と愛読者のための科学的、文学的、古書研究的な価値のある本のコレクションを形成する」とし、湖水地方に住む著名人の多くが、作品や蔵書を寄付しました。

ビアトリクスも、父親の蔵書を寄付したことに始まり、考古学として化石や、出土品を描いた作品、そしてキノコ学者を目指して書き溜めた300点を超える菌類の作品すべてを寄付しました。

そうしたことから、ここでは常時展示としてビアトリクスの菌類の作品が見られます。
uk379.jpg
アーミットライブラリ―(The Armitt and museum)
手前の建物がショップと受付で、奥の1階が展示室、2階が会員制図書室。
展示室への入場料は大人5ポンド(2階も見学可能)。
1階の展示室は撮影可能でしたが、2階の図書室は撮影禁止。

uk380.jpg
1階展示室では、スペースの半分ほどを利用し、「イメージ&リアリティ ビアトリクス・ポター展」を開催中でした。

ビアトリクスの生きた時代から、化石に興味を持った考古学、菌類を夢中になって描いたキノコ学、農場経営者、自然保護活動家、女性実業家など、知られざるビアトリクス自身の物語を、彼女が残した言葉を含めながら、想像と現実を伝える展示です。
uk381.jpg
各項目毎に大きなパネルが掲げられており、彼女の生きた時代についてのパネルでは、19世紀後半の産業革命後、人口の増加で世界最大の都市となったロンドン。ビアトリクスは、父や叔母と連れだって展覧会で巨匠と呼ばれる人たちの絵画作品を鑑賞するのが楽しみのひとつでした。しかし、心はロンドンにあらず、常に自然豊かなスコットランドや湖水地方に向けられていました。

その頃湖水地方では、ウィンダミア湖でスケートを楽しむ人々、鉄道がウィンダミアまで来たことによる急速な駅周辺開発と裏腹に、湖の西側の集落は、ナショナルトラストの新たなる鉄道計画の反対運動や、自然保護活動などにより、牧歌的な田舎の風景が残されました。

まずはビアトリクスの生きた時代背景の解説があり、ビアトリクスの絵本作家だけではない知られざる人生についてを紹介しています。

uk382.jpg
「羊飼いのためのガイドブック(The Shepherd's Guide)」より
このページには、どの農場の羊か分かるように、必ず入れられる「スミットマーク(Smit Marks)」についての解説が示されています。

『ティギーおばさんのおはなし』で、ティギーおばさんが「どの農場でも必ず印をつけておくんです!」と言ったそのマークです。

こうした農場のマークは、毎年発行されるガイドブックに掲載され、伝統として受け継がれています。

uk385.jpg
キンチャヤマイグチ(英名:Orange Birch Bolete)
ビアトリクスが描いたキノコの作品。森にキノコがどのようにはえているのか、枯葉の上なのか、草なのか、それとも木についているのかなど、そのようなことまで作品が伝えてくれます。
uk386.jpg
シロエノクギタケ(英名:Spike Cap)

uk387.jpg
アーミットライブラリ―は、はるか昔から現在までのアンブルサイドの暮らしが分かるようなものを示したいという望みがあり、少しずつ出土品や遺物などを収集していました。ビアトリクスもその点を理解し、20代の頃描いたバックラーズベリーで出土した金属と骨の加工品や、ロンドンで出土したローマ人のサンダルなど、考古学として描いた作品を寄贈しました。

uk383.jpg
ビアトリクスがキノコ学者を目指し、勉強していた頃に使用した顕微鏡のプレパラートと、キノコのスケッチ作品を収納していたビアトリクスお手製の紙ばさみ。
紙ばさみは全部で8冊になり、表側は模様入りの木綿の布でカバーされ、内側は無地の木綿で裏打ちされているもの。


『ピーターラビットのおはなし』を出版した翌年の1903年、絵本のキャラクターを使ってコピー商品が出回ることに端を発し、自身でぬいぐるみを制作し、特許を取得したビアトリクス。こうした絵本の関連商品は人気があり、その後次々と商品化されました。

uk384.jpg
ピーターラビットゲーム、ジグソーパズル、塗り絵、陶器、壁紙などなど。彼女の女性実業家としての才能として、これらのグッズも一部展示されています。いわゆる本業の絵本製作とは別に副業としてのこれら商品展開は、後々の出版社の経営や、ビアトリクス自身の大切な収入源となっていきました。
uk389.jpg
ビアトリクス本人から、アーミットライブラリ―に寄贈された初版本のコレクション。

armittlibrarybook.jpg
こちらは、この展示会の内容をあますことなく紹介したガイドブック。
「Image & Reality Beatrix Potter A Portrait of an Extraordinary Woman」3ポンド

アンブルサイドに10時40分ぐらいに到着し、ブリッジハウスとアーミットライブラリ―を見学し、ちょうどランチタイムになると思ったので、ランチできるお店の候補を3軒ほどピックアップしていました。

最初に行ったのは、ブリッジハウスに近い「アップルパイカフェ(The Apple Pie Cafe & Bakery)」で、他の候補の店にも案内しようと思ったら「ここにしましょう」となり、総勢11名、お昼時に全員座れるか不安でしたが、大人数用の奥のテーブルが空いていてラッキーでした。
uk388.jpg
この店名物のアップルパイにアイスクリーム添え 4.75ポンド

ランチも済ませ、再びデレックの待つ駐車場へ向かいましたら、メンバーのお一人が「バッグがない!!!」と気づき、大慌てで食事した店へと急ぎました。すぐに引き返したのが良かったのか、湖水地方は悪い人がそれほどいないのか、椅子の背に引っかかったままでバッグが見つかりました。

もしここで盗まれてしまったらと考えると、後半のスケジュールがすべてキャンセルになりますし、本当に良かったです。

気を取り直してバスに戻り、次の目的地グラスミアへと向かいました。この続きは次の旅行記のブログにて。最後までお読みいただきありがとうございました。
関連記事

ラピータ

ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの愛好家で、作品について、開催されたピーターラビットのイベントやグッズ紹介、ピーターラビットの故郷英国について紹介するホームページ「ラピータの部屋」のブログです。
ブログに掲載している写真&文章は、すべて転載禁止です。