2020年 道の駅「開国下田みなと」で車中泊

2020年明けました。

本年もどうぞよろしくお願いします。

今年の初日の出は海から見ようと下田の白浜神社へ行ってきました。車中泊した場所は、道の駅「開国下田みなと」です。

20010101.jpg
白浜神社の海岸鳥居より見た初日の出。
雲が多くてきれいな日の出とはいきませんが、海岸鳥居を通して見る日の出も美しかったです。

20010102.jpg
とても厳かな雰囲気の拝殿。それもそのはず、伊豆最古の神社だそうです。

20010103.jpg
昼間に見た海岸鳥居。
海岸に突き出た岩山の上にあるのですが、満潮時は波がすぐそばまでやってくるので、岩山に渡るタイミングが難しく、タイミングを間違えると靴がびしょぬれになります。

20010104.jpg
白浜神社(伊古奈比咩命神社)の御朱印(500円、40分待ち)

続いて向かったのは、伊豆最南端の石廊崎。
20010106.jpg
石廊崎灯台
20010107.jpg
灯台の先の岸壁にあるのが石室(いろう)神社
岸壁の岩の形に沿って建てられています。波の荒い日は、波しぶきをかぶりそうな場所です。
20010105.jpg
石室神社の御朱印(300円、待ち時間無し)

ここで夕焼けを撮影しようと思ったら、石廊崎オーシャンパークの駐車場が午後4時で閉鎖となり断念しました。
20010108.jpg
石廊崎から見た午後4時の夕焼け

20010109.jpg
車中泊した道の駅「開国下田みなと」

20010110.jpg
開国の舞台となった下田湾を一望できるミュージアムが併設された道の駅で、地上4階建ての建物で、1階は駐車場、2階は飲食店、ギャラリーとなっています。目の前が漁港で、漁業直売所でカニや地酒など販売されていました。

下田のイメージは、冬も暖かくて過ごしやすいと思っていましたが、日中はポカポカ陽気でも、夜は風が冷たく寒かったです。それから、マンホールの側は、波が干渉するのかゴボゴボという音が結構耳障りでした。

帰りは、河津七滝を大垂から順番に1時間ほどかけて7つの滝をすべて見て歩きました。

そして名物でもある、孤独のグルメで有名になったカドヤ河津店のわさび丼をいただきました。
20010111.jpg
ご飯の上にかつお節をかけて、自分ですったわさびを添え、お醤油をかけていただくのですが、シンプルですが美味しかったです。伊豆のわさびは御殿場産と比べてそれほどツンとこないのがいいですね。

お正月だったので、地魚回転鮨がお休みだったのが残念ですが、やっぱり海はいいなと思える旅でした。今年は遠方には行けないので近場で車中泊する予定です。最後までお読みいただきありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

ラピータ

ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの愛好家で、作品について、開催されたピーターラビットのイベントやグッズ紹介、ピーターラビットの故郷英国について紹介するホームページ「ラピータの部屋」のブログです。
ブログに掲載している写真&文章は、すべて転載禁止です。

検索フォーム

ブログ訪問者

月別アーカイブ