2020年夏休み 白馬八方第2駐車場で車中泊

お盆休みの旅行は、唐松岳の中腹にある白馬八方池へのハイキングに行ってきました。

と、その前にせっかくなので、スキーシーズンはいつも素通りしていた松本城を見学してきました。
20081002.jpg
国宝松本城
現存する日本最古の五重天守で、400年の姿を今に伝える城。

この日の気温は35度、城内見学(入場料700円)は50分待ちでしたが、ソーシャルディスタンスを保ちながら屋根のあるところで座りながら待つことができました。

内部は6階建てになっていて、階段が急な上に狭い。階段手前で降りる人、上る人の交互通行が行われいて、待つ間は密になりますが、風通しがよく換気は十分できていたように思います。
20081005.jpg
6階より城下町を見下ろす

さすが400年も長きに渡って城を守り続けただけあって石落や、戦国時代の主力武器であった鉄砲戦への備えもあり、鉄壁の守りを誇ったからこその年月というのが伝わってきました。

20081003.jpg
平和な時代に増築されたという「月見櫓」は、三方が吹き抜けとなるとても気持ちの良い間で、ここでお殿様がお月見をなされたかと思うと感慨深いものがあります。

20081004.jpg
松本城上から見た埋橋(うずはし)越しに見る松本城
20081006.jpg
ランチは川船の古城セット。美味しいもの全部入りという贅沢メニューで、特にニジマスのつぶら揚げが美味しかった。

松本城を見学した後、今夜の車中泊する場所、白馬八方第2駐車場へ。

20081008.jpg
白馬八方第2駐車場は、目の前に八方の湯という日帰り温泉(大人800円)があり、24時間使用できるトイレと、すぐ近くにコンビニもあり便利でした。

車中泊の朝食は、コンビニで調達することが多いですが、夕食は行った先で地元の美味しい料理を食べつつ、美味しいお酒を飲むというのが旅の楽しみのひとつなので、居酒屋もしくはレストランを探しに周辺を散策。

白馬八方は、冬に何度か来ていますが真夏は初めてで、村の雰囲気がいつもと違っていました。スキー場の麓の村のトップシーズンは冬、夏のお盆休み時期はお土産屋さんも、食堂もほぼクローズ状態です。

20081007.jpg
食べられる場所が見つからず、夕食は八方の湯のそばにある温泉ラーメン「八方美人」のラーメンになりました。食べられただけでも良しとしないとね。

車内は、真夏とはいえ標高750mほどの場所なので、扇風機も必要ないぐらい涼しく、よく眠れました。翌朝は3時半に起きて黒菱ライン乗り場へと移動し、リフトを乗り継ぎ白馬八方池までハイキングへ。

八方池へのハイキングは、次の車中泊ブログにて。最後までお読みいただきありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト



ラピータ

ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの愛好家で、作品について、開催されたピーターラビットのイベントやグッズ紹介、ピーターラビットの故郷英国について紹介するホームページ「ラピータの部屋」のブログです。
ブログに掲載している写真&文章は、すべて転載禁止です。

検索フォーム

ブログ訪問者

月別アーカイブ