2020年振り返り

2020年、今年も色々とありました。今年は特に華やかな素晴らしい一年になると誰もがそう思ったことでしょう。東京オリンピックイヤーでしたし、空前の豪華客船ブームに、外国人観光客の増加に伴い日本各地の観光地が密になるほどにぎわっていました。オリンピックをピークに益々盛り上がるだけの一年になるんだろうなと。

思い返せば旧正月、そこから歯車が狂い始め、誰も想像すらしたことのない未来が現実になってしまいました。科学者や検疫官の方々は、こうした世界にならないように努力を積み重ねてくださったのにもかかわらず。。。

20122903.jpg
私も2月、3月はマスクや消毒液を求めて右往左往しました。そのうち布マスクでもいいんだと気づき、苦手な針を手に持ちチクチクと。しかし、へなちょこりんなマスクしか作れません。幸いにも我が家には防災用品の中にマスクが備蓄されていたので、その場を凌ぐことができました。

20122901.jpg
4月は緊急事態宣言が発出され、ゴールデンウィーク明けまで外出自粛となりました。我が家は、北海道復興福袋を購入し、家にいながら毎日北海道気分を満喫しました。今日は何を食べようかしらってとても楽しみで、色々と届いた中でも「いくら乗せご飯」は最高に美味しかった。

今年は新しく聞く言葉にあふれた一年でもありました。例えば感染用語のパンデミック、アウトブレイク、医学用語のサイトカインストーム、IT用語のオンライン〇〇などなど。その中でも今年の漢字となった「密」という言葉は、本当に良く使用しました。スーパーで「このレジ密だから辞めよう」とか、「密」すぎてこの店に入れないとか。

新しい時代にすっかり定着した仕事や趣味のスタイルとして、「オンライン〇〇」ですが、例えばオンライン会議、オンライン講座、オンライン飲み会までありますね。人と会えないことがこんなにも辛いことなんて、会えなくなるまでは分かりませんでした。だったらオンラインで会えばいいじゃないかと、各々飲み物や食べ物を用意して、オンラインでつないでおしゃべりしながら楽しむ。私も主催しているビアトリクス・ポター研究の会で活用しています。私もまだ話しかけるタイミングとか、自分の声が相手に聞こえているのかしらと、勝手がよく分からなくて、もどかしい部分もありますが慣れるしかありません。

いつか、「あの時のウィルスはなんだったんでしょうね」と、笑い話になる日が一日も早くやってくることを願ってやみません。

20122905.jpg
さて、今年の振り返りですが、1月に車中泊で下田に行き、白浜神社からご来光を拝みました。さぞかし良い一年になるだろうと期待したのですが。。。

2月末から大好きな癒しの場所、埼玉県こども動物自然公園内にあるビアトリクス・ポター資料館がロックダウンされ、7月初めまでクローズされました。4月に開催される記念講演は、ウェールズ語のおはなしを聞かせていただける予定でしたが、これも中止となり残念な開館14周年記念となってしまいました。

20122909.jpg
20122910.jpg
5月はバラが満開となり、小さなバラ園のようでした。特に見事だったのは、昨年植えたツルバラの「サハラ'98」です。黄色からオレンジになり最後はピンクになるバラです。今年はこのバラがとっても目を引き、近所の人から素敵なバラだねって言われました。

7月は豪雨であちこちの川が氾濫しました。あまりニュースにはなりませんでしたが、箱根の金時山は、足柄峠の登山道が豪雨で崩落し、それ以来通行止めが続いています。それから富士山も、全登山道閉鎖という厳しいシーズンとなりました。それでも一部の山小屋は、クラウドファンディングで支援を受け、頑張っている姿に励まされました。

20122906.jpg
8月は車中泊で、長野の白馬八方池と黒部ダムに行ってきました。八方池の鏡のような水面に周りの山々の稜線が写りこむ姿は、見るものを虜にする魅力あふれる風景でした。

20122907.jpg
9月は車中泊で岐阜の高山と下呂温泉へ行ってきました。高山は、ウサギ好きを魅了する町でもあり、私にとっては学生時代の友人と出かけた思い出の地でもありました。

20122902.jpg
2020年の金時山登山は、後半登山できなかったものの11回のぼることができ、これまでの登山回数は148回になりました。写真は今年1月に登山した時に撮影したもの。

昨年6月から始めたポスクロことポストクロッシング(無作為に選ばれた会員へポストカードを送り合い楽しむもの)は、今年3月の世界各国のロックダウンを受け、私が送った13枚のポストカードが行方不明となりました。それまでにもアジア向けのポストカードが行方不明になることはあったものの、その他のカードは順調に届いていました。それが一気に期限切れとなり、「これは只事ではないな」とお休みすることにしました。ポストにハガキが届く楽しみがなくなり残念ですが、落ち着いたら再開しようと思います。

2020年、大変な時代がやってきたと思う反面、これまでやりたいと思っていたことをじっくりと取り組める時間ができたと前向きに考え、これまで以上に翻訳することに生きがいを感じています。

20122908.jpg
いつも挫折して、翻訳できずにいた英国のビアトリクス・ポター・ソサエティのジャーナル&ニューズレターの最新号を、翻訳することができましたし、他にも翻訳したい本がたくさんあって、もっともっと上手く翻訳できるようになりたいと思いました。

また、私のブログ「ラピータのライフログ」で、2018年の英国旅行記を2年書けて執筆できました。これも「楽しみにしてます」と声をかけてくださる皆さんのおかげです。ありがとうございました。

20122904.jpg
最後に今年の年末は再び外出自粛となり、家に引きこもることになったので、また北海道支援福袋を購入し、毎日北海道気分を楽しんでます。今回の福袋は、北海道各地の名物土産が入っていて、どれもとっても美味しかったです。落ち着いたら北海道へ車中泊旅行に出かけるので、その時はまた今回食べた品々を購入したいと思います。

来年は、どんな年になるのかしら?自分がこれまでやってきたことは間違っていなかったし、自分の頑張り次第で、良くも悪くもなりますものね。ひとつひとつコツコツと乗り越えたいと思います。駆け足で2020年を振り返ってみました。今年も「ラピータの部屋」並びに「ラピータのライフログ」をお読みいただき、誠にありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト



ラピータ

ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの愛好家で、作品について、開催されたピーターラビットのイベントやグッズ紹介、ピーターラビットの故郷英国について紹介するホームページ「ラピータの部屋」のブログです。
ブログに掲載している写真&文章は、すべて転載禁止です。

検索フォーム

ブログ訪問者

月別アーカイブ