新東名ウォーキングに参加

本日、新東名沿線にお住いの方限定のイベント「新東名ウォーキング」に参加しました。天気は朝から雨予報だったため、レインスーツを着用しましたが、普段の行いが良いのか?雨は降りませんでした。

場所は、国道138号線の仁杉交差点を富士山に向かって右折した先にある特設駐車場で、そこからすぐに新東名御殿場インターの現時点の終着点「新御殿場」ICがあり、ウォーキングイベントはここから入って約3.2Kmを歩きます。

2021032801.jpg
新御殿場IC

2021032802.jpg
電光掲示板には、NEXCO中日本オリジナルキャラクターのみちまるくんが「4/10(土)開通ご協力ありがとうございます!新東名ウォーキングin新御殿場インターチェンジ 2021/3/28(日)」と表示されていました。

ここでチェックイン(検温)を済ませ、いざ開通前の高速道路へ。
4月10日に開通する高速道路は、新御殿場ICから名古屋方面へ進む御殿場JCTまでの約7Km区間です。その道のほんの少しですが歩いてその景色を楽しめるというイベントです。

2021032805.jpg
新御殿場高架橋
誰も見ることがないだろうというプレートですが、歩いているからこそ気が付きました。

2021032803.jpg
これがその高架橋

2021032804.jpg
走行車線と路肩の間には、路肩に入るとすぐに気が付くように、新東名ではポールが立てられていますが、ここは凸凹していて音で気が付くようになっていました。

2021032806.jpg
やっと本線に合流です。車ならほんの一瞬で通り過ぎるところですが、歩くとその距離感がよく分かります。

2021032807.jpg
開通前の貴重なウォーキングイベントに参加できて良かったです。チェックインの時にいただいたNEXCO中日本のノベルティグッズ。なぜか花の苗もいただきました。

新御殿場ICを利用する機会は早々ないですが、同日に開通する「須走道路・御殿場パイパス」は、かなり頻繁に利用しそうです。というのも、国道138号線の渋滞を避け、東富士五湖道路から大月JCTに抜ける高速道路へより便利に通行できる道で、この新しい道を使えば、埼玉県こども動物自然公園内にある大東文化大学ビアトリクス・ポター資料館へ、これまでより15分ぐらいは短縮できそうです

新東名ウォーキングイベント参加のブログ記事を最後までお読みいただきありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト



ラピータ

ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの研究家で、作品について、開催されたピーターラビットのイベントやグッズ紹介、ピーターラビットの故郷英国について紹介するホームページ「ラピータの部屋」のブログです。
ブログに掲載している写真&文章は、すべて転載禁止です。

検索フォーム

ブログ訪問者

月別アーカイブ