恒例のお花見コース:新倉山浅間公園、河口浅間神社、河口湖へ

4月の第3週、恒例のお花見コースとしている新倉山浅間公園と河口浅間神社と河口湖でお花見しました。

新倉山浅間公園は、富士山と忠霊塔と桜の景色が楽しめるお花見の人気スポットです。今年から展望デッキが新しくなり、より多くの人が観賞できるようになりました。でも相変わらず展望デッキまで行列に並ぶ必要があり、デッキに入ったら上野のパンダと同じ、滞在時間5分の制約付きです。

2022041201.jpg
展望デッキまで並んでいる間も桜と富士山が撮影できます。

2022041202.jpg
展望デッキの最前列で撮影。以前は左右の大きな松の木が写りこんでしまいましたが、デッキが前にせり出したため、ベストポジションで撮影できるようになりました。
今年の桜は、訪れた前の週が2分咲きでした。しかしほんの数日で満開となり、盛り上がるように咲いている迫力ある桜を撮影することができました。

2022041203.jpg
そして展望デッキが拡張されたことで、忠霊塔を左側に桜と富士山の新しい構図でも撮影することができるようになりました。

2022041204.jpg
次に河口浅間神社の遥拝所「天空の鳥居」へ。
ここの桜は、2年前頃から植樹されたばかりなので、桜の名所になるまでにはまだ相当年月がかかりそうですが、遥拝所の鳥居を中心に山の斜面に桜が満開になれば立ちどころに名所になることでしょう。

2022041205.jpg
最後に河口湖北岸の桜並木へ。
湖畔沿いの遊歩道に約200本の桜が植えられていて、湖に降りる土手に芝桜が植えられています。
ここの桜並木は富士山を背にしているため、桜と河口湖と富士山を同時に撮影するために、木の内側に回り込まなければいけません。

2022041206.jpg
桜を入れすぎるとこのようになるし、

2022041207.jpg
少しだと寂しい。

2022041208.jpg
昨年、河口湖漁協センターのそばにある橋から撮影した桜と河口湖と富士山の写真を誉められたので、また同じ場所で撮影しました。桜は枝だけよりも、全体の方が美しいですね。

2022041209.jpg
鶏唐揚げの黒酢あんかけ 700円
山梨にくるとランチは吉田のうどんという定番コースでしたが、今回は139号線の地元で人気店「大黒天」のランチです。安いのにすごいボリュームでした。

昨年のブログ記事「富士五湖エリアのお花見スポット巡り」も合わせてどうぞご覧ください。
最期までお読みいただきありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト



ラピータ

ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの研究家で、作品について、開催されたピーターラビットのイベントやグッズ紹介、ピーターラビットの故郷英国について紹介するホームページ「ラピータの部屋」のブログです。
ブログに掲載している写真&文章は、すべて転載禁止です。

検索フォーム

ブログ訪問者

月別アーカイブ