東北を巡る車中泊旅行9日目、高田松原津波復興記念公園を散策後、一関厳美渓で名物の空飛ぶだんごを楽しむ。

東北車中泊旅行第2弾の9日目は、道の駅高田松原のある津波復興記念公園を散策しました。震災前は、陸前高田市のシンボルとして、約7万本の松の木がありましたが、津波で流されてしまいました。唯一残った松は「奇跡の一本松(The Lone Miracle Pine)」として復興のシンボルになりましたが、震災の翌年に枯れてしまいました。

2022060101.jpg
現在は、モニュメントとして保存されています。

2022060102.jpg
陸前高田のユースホステル
松原の中に建っていた宿泊施設のユースホステルも震災伝承施設として保存されています。この建物があったおかげで、奇跡の一本松が津波の直撃を避けられたのではないかと言われています。

2022060103.jpg
なんということでしょう!
かつての高田松原を取り戻すため、津波復興記念公園の防潮林として松の苗木が砂浜を覆いつくしていました。復興へ努力をなさっている皆様方の熱意が伝わってくる光景で、ちょっと感動してしまいました。

2022060104.jpg
道の駅高田松原は令和元年9月22日に利用可能となり、物産館と東日本大震災津波伝承館があります。両サイドの建物の間にある、追悼の広場を正面に見たこの場所から撮影された写真が、以前話題(バズるとも言う)になったそうです。水盤に青空と木々が写りこみ、広場へと続く真っすぐな道が未来へつながっているような気がして、まるで絵画作品のような造形美です。ここをデザインされた方の思いが伝わってくるかのようです。

2022060110.jpg
東日本大震災津波伝承館は、津波の映像や写真、パネル解説などで震災の事実と教訓を伝える施設です。この施設で改めて映像を見て、忘れていたことに気づかされました。特に「津波てんでんこ」は、てんでんバラバラに逃げなさいという意味で、久々にその言葉を聞き思い出しました。

奇跡の一本松のモニュメントや、伝承館の存在など、二度と同じ悲しみを繰り返さないためにも、これからも多くの人に見てもらいたいと思いました。

次に一関厳美渓へ。前回の東北車中泊旅行で行こうと思っていたのですが、予定した日の天気が悪くて別ルートに切り替え行けなかった場所です。

2022060105.jpgチーズ餅グラタン 750円
ランチは道の駅厳美渓にて。この辺りの名物は餅料理だそうで、餅の食べ比べセットなるものもありました。チーズも餅もどちらもびよーんと伸ばしながら、明太子がアクセントになり美味しくてお腹いっぱいになりました。

2022060109.jpg
厳美渓(げんびけい)は、満開の桜と雪解け水が流れる渓流と渓流が作る奇岩を眺めるスポットで、新緑の時期は観光客もまばらでした。渓谷沿いの散策路は、吊り橋のケーブル補修工事のため御覧場橋が通行止(7月8日頃まで)で、散策路が途切れていました。写真は御覧場橋の上流にかかる天工橋から見た厳美渓。一番の見どころは御覧場橋のようです。

2022060106.jpg
ここの名物は、郭公だんご屋の空飛ぶだんごです。東屋に籠があり、そこにお金を入れて木槌で板をトントン叩きます。そうしますと対岸で待機されている郭公だんご屋の店員さんが籠を引っ張り、しばらく待ってると再び籠が戻って来て、中にだんごとお茶が入っています。川を挟んで籠が行ったり来たり、この様子を誰が名付けたか「空飛ぶだんご」として名物となっています。

2022060107.jpg
郭公だんご 500円
アンコ、ゴマ、みたらし味の3種類のだんごが入っていて、1個しか頼んでないのにお茶は2つ入ってました。何人で来てるかちゃんと確認してくださっているようです。このだんごがびっくりするぐらい柔らかくて、ランチした後だったのに別腹でペロリと食べられました。

2022060108.jpg
この日のお風呂は、鳴子・中山平温泉しんとろの湯です。440円(アメニティ有、露天風呂無し)
93度の源泉を加水せずに、約200mある木の樋に流して自然冷却させます。お湯は美人の湯、美肌の湯のpHが9.4あり、肌にまとわりつくヌルヌルするお湯で、あっという間にツルツル、スベスベな感触を楽しめました。しかし、お湯は43度あり、ずっとつかっていたかったけれど熱くて長湯できませんでした。

2022060111.jpg
しんとろの湯の源泉で作った蒸したまごと、温泉たまご、どちらも6個入り。蒸したまごを購入しその日の晩にサラダと一緒に食べました。黄身がほくほくして美味しかったです。
2022060112.jpg
車中泊は、一般道を岩手から山形へ南下しながら進み、道の駅天童温泉へやってきました。将棋の駒の生産と、日本一の生産量を誇るラ・フランスで有名な天竜市にあり、国道13号線沿いにある大きな道の駅です。

道の駅は天童温泉となっていますが、温泉施設はなく、観光案内所と足湯がありました。しかし、敷地内にわくわくランドという大型遊具や噴水広場などがあり子供たちの遊び場になっていて、道の駅の隣に大きな産直市場がありました。国道沿いという便利な立地ゆえにトラックが多く、アイドリングの騒音がかなり響いていました。

東北車中泊旅行10日目は、会津若松市のシンボル鶴ヶ城(会津若松城)と下野街道の宿場である大内宿へ行ってきました。この続きは次の車中泊ブログにて。最後までお読みいただきありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト



ラピータ

ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの研究家で、作品について、開催されたピーターラビットのイベントやグッズ紹介、ピーターラビットの故郷英国について紹介するホームページ「ラピータの部屋」のブログです。
ブログに掲載している写真&文章は、すべて転載禁止です。

検索フォーム

ブログ訪問者

月別アーカイブ