車中泊旅行 四国満喫&岡山観光の旅:8日目は74番札所甲山寺でうさぎ詣でをした後、瀬戸大橋を渡って岡山観光へ

車中泊旅行8日目のコース:
道の駅ふれあいパークみの -> 74番札所 甲山寺 -> 瀬戸大橋 鷲羽山第二展望台 -> 倉敷美観地区 -> 後楽園、岡山城 -> 後楽温泉 ほのかの湯(コインランドリー) -> 道の駅かよう(車中泊)

車中泊8日目は、お遍路さんでもないのに74番札所の甲山寺へ行ってきました。

2022101601.jpg
何故って?そこにうさぎがいるから!
甲山寺は別名「うさぎ寺」とも呼ばれるぐらいうさぎ尽くしなのです。こちらは親子撫でうさぎ。撫でると願いが叶うとか。

2022101602.jpg
甲山寺の最初にくぐる大門を見上げると、、、黄色の矢印の部分に

2022101603.jpg
うさぎがピョーンとジャンプしたかっこいい姿が見られます。

2022101604.jpg
大門を入ったすぐ隣にある建物の上にも10枚のうさぎ瓦が見られます。

2022101605.jpg
正面を向いて、そこから今にも飛び出てきそうです。

2022101606.jpg
中門の上にもうさぎ

2022101608.jpg
見るからに一般観光客ですし、御朱印をいただけるか不安でしたが、お願いしましたら、快く御朱印を拝受できました。300円

2022101607.jpg
甲山寺オリジナルのうさぎ和三盆。香川と言えば和三盆ですものね。
うさぎがいると聞けば、西に東に、例え火の中、水の中、訪ねずにはいられません。

2022101609.jpg
6泊7日で四国旅行を満喫した後は、瀬戸大橋を渡って岡山県へ。まずは、瀬戸大橋と瀬戸内海を一望できる鷲羽山展望台へ。瀬戸内海に浮かぶいくつもの小島と、小さな船たちが往来していました。瀬戸大橋は、鉄道との併用橋で上下に分離し、橋の下に線路が敷かれています。しばらく眺めていると電車が通過していきました。

瀬戸大橋の30年ほど前の通行料金は、普通車で7000円近かったと記憶していますが、なんとETCの休日割引を利用しましたが1670円でした。随分安くなったなぁという印象です。

2022101610.jpg
岡山県の観光スポットその1は、倉敷美観地区です。倉敷川の川沿いに残る古い町並みの景観を保存し、外観はそのままにカフェや雑貨店やギャラリーなどがありました。

2022101611.jpg
川舟と倉敷川

2022101612.jpg
倉敷の祭に現れる「素隠居」
お面をかぶった人たちが現れ、手には大きな団扇を持ち練り歩いてました。端っこに寄って見ていたら、団扇で頭をポンポンと。何でも健康になれるというご利益らしいです。ありがたや~

2022101620.jpg
ランチは、通り沿いにあるお食事処 カモ井で、そば定食(なめこそば、寿司)をいただきました。あっさりと控えめで美味しかったです。1100円

岡山県の観光スポットその2は、特別名勝 岡山後楽園です。日本三名園のひとつで、その歴史は300年だとか。入場料:420円

2022101613.jpg
石灯篭と曲水(きょくすい)と野芝
日本庭園と言えば石灯篭は欠かせません。後楽園を象徴する美しい石灯篭は、パンフレットの表紙を飾っていました。後楽園の景色を作り上げている池や滝や曲水は、伏流水をくみあげて利用しています。

2022101614.jpg
園内で一番大きな池、沢の池が見渡せる高さ6mの築山からの眺め。

2022101615.jpg
後楽園の向かい側にあるのは岡山城。岡山城も見学予定でしたが、リニューアル工事中で閉鎖されていました。

2022101616.jpg
岡山名物きびだんごとお抹茶のセット 500円
園内の茶屋でひと休み。

2022101617.jpg
この日のお風呂は、後楽温泉 ほのかの湯。入浴料:700円
コインランドリーが併設されている日帰り温泉施設で、最新の全自動洗濯乾燥機に溜まった洗濯物をほおりこんでから、その間にお風呂に行ってきました。

癒しの湯、ナノ炭酸泉は、たった5分で血流が4倍になると言われている炭酸泉。これがとても気持ち良くて長湯しました。

2022101618.jpg
食事は、温泉施設にある食事処えびすで、岡山県産完全養殖のナマズのフライ定食(880円)にしました。初めてナマズを食べましたが、白身魚で、臭みもなく、サクサクと美味しかったです。

2022101619.jpg
この日の車中泊は、道の駅 かようです。次の日の目的地の備中松山城が近い場所ということでここに決めました。雲海に浮かぶ備中松山城を撮影するには、早朝から準備しないといけなかったからです。さて撮影はできたのか。。。この続きは次の車中泊ブログにて。最後までお読みいただきありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト



ラピータ

ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの研究家で、作品について、開催されたピーターラビットのイベントやグッズ紹介、ピーターラビットの故郷英国について紹介するホームページ「ラピータの部屋」のブログです。
ブログに掲載している写真&文章は、すべて転載禁止です。

検索フォーム

ブログ訪問者

月別アーカイブ