アシェットの「ピーターラビットの世界」イングリッシュ・ガーデン&ハウスを作成

2022121301.jpg
10月12日に創刊された「ピーターラビットの世界」イングリッシュ・ガーデン&ハウスは、週刊につき発売から2ヶ月で9号まで発刊されました。

ピーターラビットをテーマにしたこのような企画は初めてだと思います。ハンドメイドというだけでも楽しいのに、そこかしこに絵本の世界観が散りばめられたミニチュア・ドールハウスが出来上がるなんて、まさに夢のようではありませんか?!

かくいう私は、ミニチュア作りなんてやったことないし、果たしてできるのか不安でした。

2022121303.jpg
創刊号は玄関ドアを、2、3号でミニチュア家具のキャビネットまで順調でした。

2022121302.jpg
4号で玄関の組み立てとなり、創刊号で作った玄関ドアを前壁に組み込むのですが、パーツの向きが良く分からず四苦八苦しました。

こういうのって最初は簡単ですが、段々と難しくなって続かないというのはよくある話ですね。4号を乗り切ったらその後は再び順調に9号まで作成できました。

2022121304.jpg
9号は椅子と紅茶缶の作成です。

2022121305.jpg
パーツを切り出して、

2022121306.jpg
ボンドを塗ってパーツをくっつけます。

2022121307.jpg
くっつくまでマステで養生しつつ、ボンドが乾くのを待ちます。これがなかなかくっつかない。中には歪んだパーツもあり、そうすると接着面が弱くなるので時間がかかります。

2022121308.jpg
その間に紅茶缶のパーツをくっつけます。パーツが小さいので掴みづらいです。

2022121309.jpg
テープを巻いて完成です。

2022121310.jpg
本物の紅茶缶と大きさを比較してみました。小さくても紅茶缶ですよ。茶葉は入りませんが。。。

2022121311.jpg
そして完成したミニチュアを並べると、絵本の世界観が広がりませんか?楽しくてニマニマしながら作ってます。130号までの完成が待ち遠しいです。また作成したら報告しますね。最後までお読みいただきありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト



ラピータ

ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの研究家で、作品について、開催されたピーターラビットのイベントやグッズ紹介、ピーターラビットの故郷英国について紹介するホームページ「ラピータの部屋」のブログです。
ブログに掲載している写真&文章は、すべて転載禁止です。

検索フォーム

ブログ訪問者

月別アーカイブ