雪が積もった金時山へ

今週月曜日の午後ぐらいから降り始めた雪は、雨まじりの重たい雪で、5㎝ぐらい積もりましたがたいしたこなかったです。一方箱根は、20㎝の積雪で、金時山も真っ白になっていました。

金時山の駐車場までの道路は、雪かきされてスムーズでしたが、駐車場は雪が手つかずでそのままでした。結構な勢いでガタンガタンしつつ、なんとか車を停めていざ登山道へ。

2024020801.jpg
登山道は一面銀世界です。

2024020802.jpg
スパイク付き長靴が雪面をしっかり捉えるので、安心して登山できます。

2024020803.jpg
途中、小さな雪だるまがあったので、うさ耳を付け足しておきました。奥に見える大涌谷からはモクモクと煙が沸き立ち、なんだか地獄の門番うさぎのようです。

山頂まではいつもと同じようなペースで到着しました。途中まで足が重くて動きが悪かったのですが、雪道に全神経を集中させていたらアドレナリンが出たようで、後半はスイスイと登れました。

2024020804.jpg
登山道ですれ違う人は何人かいましたが、山頂は静かで人もまばらでした。
前方は富士山の絶景が見られるはずなのですが、雲隠れしてようやく頭だけ出してくれました。

2024020805.jpg
山小屋の屋根の上にたっぷりの雪。山頂の積雪は膝下でしたので25㎝ぐらいでした。

2024020806.jpg
富士山のように固められた雪山と、その向こうにダブルの富士山

運動不足にならないよう今年は毎週金時山に登っています。有酸素運動が一番体に良いようですが、私の体重は一向に減りません。。。そのうちズボンのボタンが弾け飛びそうです。トホホ。
関連記事
スポンサーサイト



ラピータ

ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの研究家で、作品について、開催されたピーターラビットのイベントやグッズ紹介、ピーターラビットの故郷英国について紹介するホームページ「ラピータの部屋」のブログです。
ブログに掲載している写真&文章は、すべて転載禁止です。

検索フォーム

ブログ訪問者

月別アーカイブ