思い出の日

今日は私にとっては思い出の日。
底がまったく見えない悲しみの渓谷に突き落とされ、涙があふれて止まらなかったあの日からもう3年。

そんな思い出の日のことをすっかり忘れていたにもかかわらず、朝からベンちゃんに呼ばれている気がしてならなかった。
usa214.jpg
「どうして、今日はこんなにベンちゃんのことが気になるの?」って思ったら、そう、命日だった。

彼は今でもそばにいる。
プーと一緒に墓参りした。
02220002.jpg
プーは私の腕の中に抱かれたままじっとしていた。
耳を欹てて、何かを聞いていたようだ。
プーも私と同じようにベンちゃんの存在を感じているのだろうか。

不思議な時間は、犬の散歩によりかき消されてしまったが、思い出の日のお墓参りは私達の心に何かを残してくれたようだ。

その何かは心の中の奥深くに通じるもので、いつでも取り出せるものではないが、いつかきっと役に立ってくれる日があるんだと思う。

ベンちゃん、今日は呼んでくれてありがとう。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

ラピータ

ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの研究家で、作品について、開催されたピーターラビットのイベントやグッズ紹介、ピーターラビットの故郷英国について紹介するホームページ「ラピータの部屋」のブログです。
ブログに掲載している写真&文章は、すべて転載禁止です。

検索フォーム

ブログ訪問者

月別アーカイブ