FC2ブログ

困った世の中

日常
04 /24 2002
ないものはすべて奪う。
こんなことが許されていいのだろうか。
昨日は、関越道沿線の住人のアルミ製門塀ばかり盗まれるというニュースをやっていた。
被害は1日に数十件にのぼるらしい。

以前は、缶のリサイクルからアルミ缶だけを盗み生活の糧にしているというニュースがあったが、その行過ぎた結果がこのようなことになるのだろうか。

今日、ネットサーフィンしていたら、純血種の猫が何者かに盗まれるという記事を見つけた。
動物のショーを見た帰りに、電車の中で何者かに猫が2匹入ったキャリーを盗まれたらしい。

どうしてこんなひどいことをするのだろうか。

飼い主にとって純血種だからってそんなことは関係ない。それぞれに名前があってその子達でなければいけない、他の子では代わりにならない大切な子供達なのに、そんなことはおかまいなしで奪い去っていく。

ただ、お金のため?

そのような残酷な非情なことができる人間がいることが理解できない。

小さい頃、親に教えてもらわなかったのだろうか。
人のものをとっちゃいけませんよって。

欲しい人がいるから、買う人がいるからいけないんだろうか。今日はちょっと複雑な気分。
関連記事

コメント

非公開コメント

ラピータ

ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの愛好家で、作品について、開催されたピーターラビットのイベントやグッズ紹介、ピーターラビットの故郷英国について紹介するホームページ「ラピータの部屋」のブログです。
ブログに掲載している写真はすべて転載禁止です。