アドベントカレンダー

クリスマス時期が近づくと街はあらゆるクリスマスグッズであふれかえる。

クリスマスツリー、ツリーに飾るオーナメメント、クリスマスカードもたくさん。
中でも私の好きなのは、アドベントカレンダー。
クリスマス本番を指折り数えて待つだけでなく、カウントダウンしながら1枚ずつ小さな窓をめくっていくことができる。
窓を開くとその中には可愛らしい絵が隠れていて、次の日もめくりたいと思いつつ、次の日のために大切にとっておく。
そうやってクリスマス本番まで気分を高めるためのカレンダー。

そのアドベントカレンダーに、『グロスターの仕たて屋』のイラストで素敵な仕上がりなものがある。



『グロスターの仕たて屋』に登場するシーンは、ろうそくの灯りだったり、雪景色だったり、まさにクリスマスを連想するのにぴったり。
また窓から登場するイラストが素敵だこと。

このアドベントカレンダーは、1990年発行の「PETER RABBIT'S CHRISTMAS BOOK」の中に登場する。
これでクリスマスカウントダウンはばっちり!



「作るのにずいぶん時間かかってたね。ぐぅzzzzzz」Fromぐぅ
関連記事
スポンサーサイト



コメント

ラピータ

ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの研究家で、作品について、開催されたピーターラビットのイベントやグッズ紹介、ピーターラビットの故郷英国について紹介するホームページ「ラピータの部屋」のブログです。
ブログに掲載している写真&文章は、すべて転載禁止です。

検索フォーム

ブログ訪問者

月別アーカイブ