FC2ブログ

うさぎの虫歯

うさ疾病
05 /24 2002
うさぎにも虫歯があるなんて、いきなりびっくりさせてしまったようです。

ごめんなさい。

ぐぅは奥歯の不正咬合で、伸びすぎて使い物にならない歯があります。

常に動かしている歯は虫歯になることはありませんが、ぐぅのように動かせない歯がある場合は、壊死というか虫歯のような症状になるようなのです。
もちろん詳しいことは私にはわかりません。
獣医さんに聞いてください。


奥歯の不正咬合の一番恐いのは、伸びた歯が頬肉を傷つけて、患部が腫れることにより、鼻管や涙管がつまったり、ひどくなると膿がたまり、不正咬合の治療をすると共に、膿の摘出手術なども必要になります。

ぐぅの場合は歯は伸びすぎているのですが、どこにも当たっていないので、削るなどの処置はせずに様子見になっているのですが。。。

次回の検診時にはどんな風になっているのか、ビクビクものです。

試練はまだまだ続きそう。

うさぎの不正咬合は、現在獣医さんの間でも特に多い病気なのでしょうか。あまりにも最近よく耳にする機会が多くて私自身びっくりしています。

特に鼻ペチャのぐぅのような顔を持つ子は、その丸顔ゆえに不正咬合になりやすいのです。
1歳までなら治る可能性が高いです。1歳以上の子もひどくならない内に診ていただければ、時間はかかるかもしれないけれど症状は軽くなっていきます。
いえ、いくはずです。きっと。

歯を削るたびに麻酔をかけ、不憫な思いをさせている我が家のぐぅのようにならないようにも、毎日のあくびの際に前歯のチェック、あごの下は濡れてないか、前足の毛がよれてないか、毛繕いがちゃんとできているか、チェックしてあげてください。

今日の日記は気持ちがこもりすぎてお願いのようになってしまいました。
関連記事

コメント

非公開コメント

ラピータ

ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの愛好家で、作品について、開催されたピーターラビットのイベントやグッズ紹介、ピーターラビットの故郷英国について紹介するホームページ「ラピータの部屋」のブログです。
ブログに掲載している写真はすべて転載禁止です。