かくし芸

正月といえばかくし芸大会。

司会者:それでは、我が白組のオオトリを勤めますぐぅ君に手乗り芸を披露していただきましょう。

一同:えっ~~、それは一体どんな芸なんでしょうか、ワクワク・ドキドキ



「おいしいものくれるなら、芸でもなんでもしまっせー」From ぐぅ


じゃ、じゃーん。
前足を器用に使って、人間の手のひらを掴むという芸でした。
うさぎはリスと違って、前足の手のひらが発達していないため前足で物を掴むことはできないが、実は前足の爪の根元に小さな手のひらのような部分があり、そこに人間の指を引っ掛けると、爪先が大きく広がりしっかりと掴むことができるようになる。

その練習を何度かやっていると、前足にぐっと力が入って人間の手のひらを前足だけで支えて掴むことができるようになるのだ。

ぐぅも大好物の天然パパイヤをもらうためなら、何でもやりまっせーと気合充分。もちろん、手のひらの上に置かれていた大好物がなくなったと途端に、立ち去っていく引き際のよさもうさぎらしい。

ムービーはこちら。

手乗りぐぅムービー1(8.5メガ) ←クリック

手乗りぐぅムービー2(4.5メガ) ←クリック

関連記事
スポンサーサイト



コメント

ラピータ

ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの研究家で、作品について、開催されたピーターラビットのイベントやグッズ紹介、ピーターラビットの故郷英国について紹介するホームページ「ラピータの部屋」のブログです。
ブログに掲載している写真&文章は、すべて転載禁止です。

検索フォーム

ブログ訪問者

月別アーカイブ