FC2ブログ

作品展

うさぎ関連イベント
02 /23 2005
春一番の吹き荒れる中、お友達のグループ展に行ってきました。銀座って、地図を用意していても必ず迷子になる。方向感覚を見失ってしまうからなのかな。地下通路は苦手だけど、地上に出てもさっぱりだしね。

ギャラリーは、銀座教会の1Fの小さなスペース。銀座はギャラリーが多く、作品を展示して見に来てもらうには交通アクセスもよく、便利な場所だけどスペースをお借りするにはどこもそれなりに値が張るのだとか。でもこの場所は教会ということもあってか、他よりは少し安く借りれるらしい。

入り口を入ってすぐに全員で作成したというお皿で出来たお花のオブジェが。
ギャラリーでは、「Colors」と題されているだけあって、色とりどりの作品が並べられていた。

お友達の作品は、マニアックな私たちピーターファンのために、普通は使用しない?手に入らない(笑)柄で、画風のイメージそのままに素材選びがされていて、その上に高度(なんだと思う)な技術でアンティーク調に仕上げとなっていた。

専門家の口調を真似ると、完成度の高い作品!!

周りに展示されている作品がカラフルな色で構成されている中で、お友達のシックな色合いの作品がひときわ際立っていたように思う。

私の主催するお茶会グループで声をかけたら、何人か集まってくれた。最近ではお茶会予定だけでなく、突然声をかけても都合の良い人たちが集まってくれるように。

みんなで作品展を見た後、銀座でランチして気がつけば「お客様、そろそろお帰りの準備をお願いします」って声かけられる。いつものパターンだ(^^;)

だっておしゃべりに火がつくと、止まらないだもん。

帰りにサンリオの新しいキャラクター「シュガーバニー」のグッズを見に行き、
http://www.sanrio.co.jp/characters/sugarbunnies/welcome.html

どことなくホームページでオリジナルキャラクターを描いてる方のキャラに似ているねってことで意見が一致。

メーカーのデザイナーだってホームページを閲覧してデザインのヒントを得るだろうし、もしかして、もしかするってこともあるのだろうか。

お友達には今後も大作に挑戦してもらって、後世に語り継がれていく作品を作ってもらいたいなぁー。
関連記事

コメント

非公開コメント

ラピータ

ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの愛好家で、作品について、開催されたピーターラビットのイベントやグッズ紹介、ピーターラビットの故郷英国について紹介するホームページ「ラピータの部屋」のブログです。
ブログに掲載している写真はすべて転載禁止です。