プー先生

びらんになってしまってから、床改善を行ったのだが、当然のことながらうさぎ達は気に入らない様子。

今まで自由にどの部屋にも行けたから、「いきなりここから出ちゃいけません」と言っても理解できない様子。

うさ達が大好きな座布団を敷き詰めてあげるも、今までいつも座布団の上でゴロゴロしていたのに、何故かケージの巣箱に引きこもることが多くなる。

お気に入りの座布団は、お気に入りの場所に置いてこそ、その意味をなすらしい。

なんていうか、うさぎのこだわりなんでしょうね。

ぐぅが巣箱に引きこもってなかなか出てこなくなり、こちらもちょっと心配。

具合が悪くなってしまったんだろうか。。。。

私がいくら「出ておいで」と手を差しのべても、無視。

何度となく挑戦して、あきらめた頃、プーがぐぅの巣箱の側にやってきた。

ぐぅは巣箱の中に寝そべり、「ぐてー」っと横になってる。

プーは、ぐぅのお尻の匂いをかぐ。 クンクン

次に、ぐぅのお腹に自分のおでこをくっつける。

まるで、先生が触診でもしているかのように。

「プー先生、ぐぅの様子はどうでしょうか?」と聞いてみる。

「まったく問題ありません。ただのグウタラ病です。」と勢いよく、ぐぅのケージから飛び出てきたプー。

ぐぅもそれにツラレテ、むくっと起き上がってケージから飛び出てきた。

な~んだ。

まったく心配かけて。。

心配したのはあんたの勝手でしょという声がどこからともなく聞こえてきそうである。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

ラピータ

ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの研究家で、作品について、開催されたピーターラビットのイベントやグッズ紹介、ピーターラビットの故郷英国について紹介するホームページ「ラピータの部屋」のブログです。
ブログに掲載している写真&文章は、すべて転載禁止です。

検索フォーム

ブログ訪問者

月別アーカイブ