FC2ブログ

金メダル

日常
02 /24 2006
朝6時過ぎ、テレビをつけると既に演技を終えた荒川選手が得点待ちのところからTVを見た。
その前にアメリカの選手が演技を終えていたから、メダルには届くだろうけれどそれほど点は伸びないだろうなーって思っていたら、びっくり仰天の高得点!

でも、まだロシアの選手も控えてるし、ジャンプも完璧だったから、日本の選手が金なんてありえないでしょと思っていたら、こんなことがあっていいのだろうか、まさかのすってんころりん。

金メダルが確定した瞬間クールビューティと言われ続けていた荒川選手の口元が大きく緩んだ。意外と表情は豊かな人なのかもしれない。しかし、アスリートとしての自覚が完璧なために、落ち着いた、クールなイメージで見られているのかも。

オリンピック選手に選ばれてからというもの、ずっと注目していた荒川選手。なぜかというのは、四柱推命で私と同じ運命星だったから。停滞期である2006年は、何をやっても悩んで、悩んで、悩みぬく一年という結果だった。

ところがどうして、本人も「オリンピックは特別な大会。実力だけではなく、運を引き寄せなければ勝てない」と言っていたけれど、見事に運をつかんだ。それも、悩みに悩んで、アスリートとして敷かれていたレールを踏み越え、自分で結論を出し、大好きな演奏曲で、自分しかできない技を組み込み、幸運を呼び寄せた。

私も悩みに悩んで、今のままでいいのだろうかって、私の出した結論は間違っていなかったのだろうかって、今も悩み続けている。でも悩んでいるだけでは前にちっとも進まないってことにようやく気づいた。いや、気づかせてくれた。

金メダルを掲げた荒川選手の微笑みは、様々な苦悩と、努力の積み重ねと、そして運が重なりあい、自信に満ち溢れた素敵な微笑みだと思う。

関連記事

コメント

非公開コメント

ラピータ

ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの愛好家で、作品について、開催されたピーターラビットのイベントやグッズ紹介、ピーターラビットの故郷英国について紹介するホームページ「ラピータの部屋」のブログです。
ブログに掲載している写真はすべて転載禁止です。