カーペンターズ

今更だけど、カーペンターズ。いいものは、やっぱりいいのだからしょうがない。

今までその歌声に癒されていたけれど、歌詞にも注目したら、なんか心に染み入る単語がいっぱい。

Not a cloud in the sky
Got the sun in my eyes
And I won't be surprised if it's a dream

日本語にしたらたいした事のない内容でも、英語だとなんだか心に響く。ひとつ、ひとつの単語が癒しの要素を含んでいるから?

本当に夢でもいいから、私の心も早く青空にならないかしら。



「青春の輝き カーペンターズ ベスト」
関連記事
スポンサーサイト



コメント

ラピータ

ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの研究家で、作品について、開催されたピーターラビットのイベントやグッズ紹介、ピーターラビットの故郷英国について紹介するホームページ「ラピータの部屋」のブログです。
ブログに掲載している写真&文章は、すべて転載禁止です。

検索フォーム

ブログ訪問者

月別アーカイブ