FC2ブログ

肩のマッサージ

マッサージ
06 /09 2006
 時々、立ち姿勢のままコックリ、コックリと寝てしまうぐぅ。

 揺り寝ムービー(8.5メガ) ←クリック
 【6月7日撮影 モデル:ぐぅ(♂ 7歳) 揺り寝】

 足は立った状態なのに、これはどうあっても寝ているとしか思えない。体が前後に揺ら揺らと動いていて、目は開いているものの意識はないようだ。少し離れた位置で、私が手のひらを前後に動かしてもまったく反応しない。

 この姿を見ていると、仕事に出かけたサラリーマンが帰りの電車の中で、座る場所もなく、吊り革につかまったまま、思わずこっくり、こっくりと寝てしまう姿を想像してしまうぐらい、哀愁が漂っているのである。

 しかし、いつも見られる訳ではないけれど、何故こんな姿のまま寝てしまうのだろうか?この姿勢が好きだから?それともまた何か理由があるのだろうか?

 と、ここで思うのは一日の仕事を終え、疲れきったサラリーマンの姿。そう、ちょっと疲れて、そのままの姿勢で休んでいるのかもしれない。うさぎが?そう、うさぎ様だって、一日の業務で疲れているのだ。揺り寝ムービーをもう一度改めて見てみると、疲れた体を伸ばすストレッチをしているようにも見える。

 一日の疲れを癒すには、なんといってもマッサージをしてあげるのが一番!

 特にこんな疲れた日には、肩がこっているのかもしれない。人間だって毎日肩をもんでもらいたいぐらい肩がこるのは、うさぎも一緒なのだからね。

 肩マッサージその1ムービー(8.5メガ) ←クリック

 まずは、あごの下にある鎖骨のくぼみに指先を当て「肩井」のツボ周辺のマッサージ。位置は耳の付け根からまっすぐ下にさがった部分。

 一度も鎖骨にふれたことがない場合は、肩から首筋にかけて、非常に筋肉がこっている可能性があるので、なかなかあごの下に指が入っていかないということも。そんな時は一度にやってしもおうなんて思わないで根気よく、時間と、日にちをかけて、あごの下、首筋から鎖骨にかけて指が入る隙間ができるように、その周辺をマッサージしてあげるといいかも。

 「肩井」のツボ周辺をマッサージしてあげたら、首の後ろから指の後ろからVサインを作って、首筋から鎖骨にかけてマッサージ。これがとにかく気持ちよさそう。ぐぅの順番が終わったら、次に私にもやって欲しいと思うぐらい。

 肩マッサージその2ムービー(8.5メガ) ←クリック

 肩のマッサージを背中側から撮影。鎖骨と背骨の重なる脇の部分を基点にして、勝利のVサインを、あごの下のラインにそってマッサージしていく。

 ぐぅってば、「右側の「肩井」のツボもしっかりとマッサージしろよ」と、言わんばかりに首を右側に傾け催促しているのがわかるかな?

 そう、正しいマッサージ方法は、うさぎ様が教えてくれるのだ!!うさぎに導かれるようにマッサージしていると、うさぎはあなたのことをもっと好きになる?!
関連記事

コメント

非公開コメント

ラピータ

ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの愛好家で、作品について、開催されたピーターラビットのイベントやグッズ紹介、ピーターラビットの故郷英国について紹介するホームページ「ラピータの部屋」のブログです。
ブログに掲載している写真はすべて転載禁止です。