キシリトール

 丈夫で健康な歯を保つためには、食後のはみがきをしっかりと行うことが一番ですが、それができない現代人にとってキシリトールガムというのがあります。

 キシリトールは、白樺などから抽出される天然素材甘味料で、虫歯の原因となる酸の生成を抑える効果と、歯の再石灰化作用をもっている、優れた作用をもちます。現に、小さい頃からキシリトール入りのガムを食後に噛む週刊のあるフィンランドでは、虫歯予防先進国だそうです。

 人間にはこんなに優れた甘味料であっても、イヌにはその甘味の摂取量を間違えると、命の危険があると、アメリカで既に公表されているそうです。既に動物病院には、キシリトールが原因とみられる、低血糖による痙攣発作を引き起こし、かつぎこまれるというケースが日本でも報告されています。

 特にイヌ用の食品には、キシリトールが多く使われているようで、甘味があるにもかかわらず、カロリーが低い。イヌが喜ぶのに太らないということで、イヌ用のケーキなどにも、キシリトールの甘味料が使われているとか。

 では、うさぎには?うさぎもイヌと同様に摂取することで、インシュリンが過剰分泌するとは限らないけれど、その前にキシリトール甘味料が入ったものはあるのか?? 

 答えは、フィンランドの白樺林に住む野うさぎたちに聞いてみるしかないかな。

関連サイト:
Japan Dog Journal
http://www.symbiosis.jp/blog/archives/000228.html

ASPCA
http://www.aspca.org/site/PageServer?pagename=press_082106

9月30日ロイター記事
http://today.reuters.co.jp/news/articlenews.aspx?type=entertainmentNews&storyID=2006-09-30T135005Z_01_NOOTR_RTRJONC_0_JAPAN-230403-1.xml> 
関連記事
スポンサーサイト



コメント

ラピータ

ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの研究家で、作品について、開催されたピーターラビットのイベントやグッズ紹介、ピーターラビットの故郷英国について紹介するホームページ「ラピータの部屋」のブログです。
ブログに掲載している写真&文章は、すべて転載禁止です。

検索フォーム

ブログ訪問者

月別アーカイブ