FC2ブログ

スノーボード

Winter Sports
01 /27 2007
 暖冬の影響で雪がなかなか降り積もらず、ようやくスキー場のコンディションが整ってきたのは、1月も半ば過ぎから。初滑りと呼ぶにはあまりにも遅い1月末、長野県エコーバレースキー場にて初滑り。

 長野県にあるスキー場の中でも関東よりにあるエコーバレースキー場は積雪130cm、降雪機を兼ね備えていないスキー場はのきなみ100cm以下というから、関東圏に近いとはいえ満足度の高いコンディションだった。

 エコーバレースキー場は、スノーボードの利用をライセンス付きという制約がありながらも、全国のスキー場内でもいち早く許可したスキー場だ。今はというと、スキー客よりもスノーボード客の方が断然多く、もちろんライセンスも必要なしに滑れる。

 リフト中段にあるスノボードパークでは、雪壁で作ったジャンプ台や、レールも完備され、華麗なジャンプを決めていた。関西からの客も多いのか、なつかしい関西弁があちこちから聞こえるのもまた楽しい。そして関西客の中に必ず一人はいる、阪神タイガースボードを見つけた時は、小躍りして喜んでしまった。

 エコーバレースキー場はリフトが短くて、あっという間に滑り終えてしまう。できれば、志賀高原スキー場のような大規模なスキー場で、奥志賀から麓までの長距離を一気に駆け降りるぐらい滑りた~~~い。

 足がくたびれてくる頃にスキー場をあとにして、やってきました「河童の湯」
 
 スノーボードした後は、温泉につかって疲れた体をほぐす。これたまりません~極楽
関連記事

コメント

非公開コメント

ラピータ

ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの愛好家で、作品について、開催されたピーターラビットのイベントやグッズ紹介、ピーターラビットの故郷英国について紹介するホームページ「ラピータの部屋」のブログです。
ブログに掲載している写真はすべて転載禁止です。