FC2ブログ

2007年流行語

日常
11 /16 2007
 2007年流行語大賞ノミネート語が発表になりました。「今年も色々なことがあったなぁ~」って、もうそんな時期なの?一日一日の過ぎるのが早いこと。。

 私にとって今年一年を象徴する言葉は、「バラバラ」。バラバラ殺人事件で始まった2007年は、季節感もバラバラ。5月が真夏並みの暑さかと思えば、6月に梅雨はなく、7月は雨ばかり、9月10月は気温の高い日々が続き、そしていきなりの真冬日。また親子関係がぎくしゃくして、短絡的な凶行に及んでしまうのも、それぞれの気持ちが少しでもつながっていれば、話し合いでなんとか解決できなかったのだろうかと思ってしまう。さらには日本の政界もバラバラ。

 もちろんそんな言葉は流行語になるわけがないので、ずらりと並んだ流行語を見ると、どの言葉もあまりピンとこないというのが現実。そんな中、やはり今年の顔、そこから生まれた言葉「そのままショック」が大賞じゃないかしら。どんなにマスコミに持ち上げられようとも決して舞い上がることもなく、また自分を見失うこともなく、周囲に協力を惜しまない環境を作り上げていく。「宮崎をどげんかせんといかん」という気持ちから始まったそのまんまショックは、誰もが驚くような成果へと実を結びつつあり、これらのことを成し遂げたという自信は、この方を支える優秀なブレーンがいるということもあるでしょうけど、それだけの知識を身につけたという実績があるからこそなのでしょうね。

 この方の活躍を見て、だれものが華麗なる転身と思うかもしれないけれど、もしかしたら目覚めかもしれないですね。好きこそものの上手なれ、好きなことに打ち込む努力は、決してつらいものではなく、いつの日か目覚めるための序章にすぎない。。な~んてね。
それともこっちか(笑) 
 ユー・キャン2007年新語・流行語大賞候補
 http://www.jiyu.co.jp/singo/
関連記事

コメント

非公開コメント

ラピータ

ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの愛好家で、作品について、開催されたピーターラビットのイベントやグッズ紹介、ピーターラビットの故郷英国について紹介するホームページ「ラピータの部屋」のブログです。
ブログに掲載している写真はすべて転載禁止です。