FC2ブログ

手続き

日常
11 /30 2007
 月末で大混雑の銀行。ATMの順番待ちをして、送金手続きをしたまではよかったのだけど、1点不明な部分があったので、問い合わせをしようと係りの人に声をかけようとした瞬間、別の問い合わせ事項があった年配の女性に声をかけられた係りの人はそのまま行ってしまった。

 私もなんとかお願いしようとしたところ、係りの人も手がいっぱいだったため、そこで別の担当者を呼ぶ努力をしてくれた。しかし、大混雑の銀行、手の空いている人もおらず、たまたまそこを通りがかった部長クラス?の方が対応してくれることに。

 私が行った手続きは、他銀行への振込みで、今回たまたま振込み先銀行がジャ○○ネット銀行で、この銀行は二重ロックがかかっているため、振込み先の口座番号だけでなく、振込み相手の名前もきちんと入力しなければ、エラーで戻ってきてしまう。入力する際、なんだかおかしいなーと思ったのは、振込先の名前が正しく表示されていなかったことだった。

 なんと、私がきちんと名前を入れる前に、冬のコートを着たまま画面で手続きした際、コートの袖口が画面に触れ、運悪くそのまま入力されてしまい、訂正できなかった。私もなんとなく違和感はありながらも「これでいいのだ~」と、そのまま手続きしてしまった。でもこのままでは、担当者いわく振込先エラーで振込みできないとのこと。

 なんてこったい!!

 では、もう一度正しく振り込み手続きをするから、今回の分はなかったことにしてと頼むと、一旦相手先の銀行に振り込まれたお金を元の状態に戻すには、振り戻し手数料が、振込み手数料の倍かかるとのこと。

 OhーーNoーーーー!!

 でも、ここで引き下がる訳にはいかない。銀行では、振込み先の銀行が、振込み先エラーで打電され始めて、送金者に連絡を取り、「相違のため振込みできませんでした。つきましては、ハンコ持参の上、訂正手続きに来てください」と伝えるらしい。

 それもいつ連絡が入るかわからない(手続き上、また件数などにより)ので、銀行の営業時間内に連絡がこなければ、その日の送金は不可能となる。

 入力ミスをおこなったことは棚にあげ(^^;、振込み証明の紙切れと、正しい振込み名を記載した用紙が目の前にあったため、それらを見せて「なんとかしてください」とお願いすると、その部長クラスの方は「承知しました」と、こちらからすると二度手間となる部分(もう一度呼び出しが来るまで家で待機)を省き、訂正書類のハンコも拇印で済ませ、「必ず今日中に手続きしておきます」と。

 自分のミスとはいえ、話のわかる方でよかった!おかげでたすかちゃった。
関連記事

コメント

非公開コメント

ラピータ

ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの愛好家で、作品について、開催されたピーターラビットのイベントやグッズ紹介、ピーターラビットの故郷英国について紹介するホームページ「ラピータの部屋」のブログです。
ブログに掲載している写真はすべて転載禁止です。