FC2ブログ

祝1000件目の記事

感銘を受けた言葉、他
02 /29 2008
 今日は4年に一度しかない貴重なうるう日。そして今日書く記事は、このブログ「今日のひとこと」に書き込むちょうど1000件目になります!!パチパチパチ

 

 この言葉は、ビアトリクス・ポターさんが1917年12月21日に、トム・ハーディング君宛に送った手紙の書き出しの言葉です。

 「遅くてもやらないよりはまし!」

 さらにこの手紙には、「世界中の子供たちからたくさんの手紙を受け取ります。特にニュージーランドやオーストラリアが多く、それらの手紙を束にして置いておくことぐらいしかできません。でもたまたま今日は風邪をひき、部屋にいるので手紙の返事を書く時間があります。」という文面が、手紙の書き出しにつながるようです。

 この手紙には農場のこと、そして家畜が何匹いるのかなど、食べ物がない時は家畜を食べることなど、当時12歳の少年に書きました。
 
 私はこの手紙の書き出しの言葉にいつも励まされます。もちろん、遅いより早くした方がいいのですが、なかなか思うように事が運ばず前に進めません。でも、時間はかかってもいいからやりたいという気持ちが強く、だからいつかきっとやりとげたいと思うのです。それがどんなものになるのかは想像つきませんが。

 1000件目の記事なので、何か記念になることを書こうと思い、決意もあらたに書いてみました。私がいつも使う「末永く」という言葉は、いつかは必ずという意味もこめているつもりです。やりたいことがあるのだけれども、やる時間がなくて、そのストレスに押しつぶされそうになったら、このポターさんの言葉を思い返してくださいね。

 写真は、2008年年賀状に採用した分で、昨年3月に箱根で撮影したもの。箱根の山にかかる雲が素敵で撮った一枚。
 <エキサイトブログ管理画面より 記事数1000件達成!>

 手紙の部分はこちらを参照
 「Letters to Children from Beatrix Potter」Judy Taylor(著)より
関連記事

コメント

非公開コメント

ラピータ

ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの愛好家で、作品について、開催されたピーターラビットのイベントやグッズ紹介、ピーターラビットの故郷英国について紹介するホームページ「ラピータの部屋」のブログです。
ブログに掲載している写真はすべて転載禁止です。