• 写真は、2019年12月31日 金時山山頂より2019年、今年も色々とありました。まずは「ラピータの部屋」並びに私のブログを見てくださる方々にお礼を伝えたくて久しぶりにブログをアップしました。本当にありがとうございました。年頭にブログを毎日更新するという、大それた目標を掲げましたが、やはり途中で頓挫しました。毎日更新したら自分の中の何かが変わるかなと思ったことがきっかけでしたが、いずれにしても昨年の英国旅行記... 続きを読む
  • 四つ目の目的地であるグラスミア(Grasmere)の町へ到着しました。アンブルサイドから車で約20分(6.4キロ)、町の中に入る登り坂に差し掛かると、それまでの広い道路から道幅が狭くなり、人通りも多く、車はゆっくり進みます。グラスミアという地名は、古北欧語の緑を意味する言葉(Gres)と、湖(Mere)を意味する言葉の組み合わせで、まさしくグラスミア湖という周囲を緑に覆われた美しい湖が由来となっています。そして何より... 続きを読む
  • 三つ目の目的地アンブルサイドの町に到着しました。レイカースルから車で約15分、ウィンダミア湖の北の端にあり、湖水地方の玄関口であるウィンダミアや、ボウネスと同様に賑やかな町です。アンブルサイドという名前の由来は、古北欧語の「アメルセート(Amelsate)」で、その意味は、町の真ん中を流れるストック川と、水によって運ばれ堆積した砂州と、そして夏の牧草地という3つの言葉の組み合わせで、景色そのものが名前の由来と... 続きを読む
  • 二つ目の目的地レイカースルは、湖水地方で最大の湖、ウィンダミアの北西の湖畔にあります。前日、ヒルトップ農場へ向かう道中で、一瞬だけレイカースルが見えました。こちらが一瞬だけ見えたレイカースル手前がウィンダミア湖で、その先の森に囲まれ要塞のような建物の塔の一部が見えます。この辺りの森は、地名にちなみ「ワットバロウの森(Watbarrow Wood)」と呼ばれています。その時の様子は「ヒルトップ農場へその1」でどう... 続きを読む
  • 英国 湖水地方に滞在し3日目の朝を迎えました。2日目の朝は、朝食リクエストを前日の夜までに出し忘れ慌てましたが、3日目はじっくりメニューを選んでリクエストしたので、朝から盛りだくさんです。ベーコン、マッシュルーム、ベイクドビーンズ、グリルトマト、スクランブルエッグ、ヨーグルト、ジュース、コーヒー、パンパンは、ホワイトかもしくはブラウン、それともその両方のミックスと選択できました。天気は今にも雨が降りだ... 続きを読む
  • 迷路のような楽しいホークスヘッドをぐるぐるとまわった後、車で30分ほどのところにあるハウズ湖(Tarn Hows)へ。ハウズ湖の駐車場に到着した頃、空一面が厚い雲におおわれ、所々もやに包まれていました。駐車場の周りの木々からは、美しい鳥の鳴き声が聞こえ、辺りをよく見ると、餌かごがぶら下がり、これらを求めて鳥たちが集まっていました。チャフフィンチ(和名:ズアオアトリ)ナショナルトラストが所有するハウズ湖ここは... 続きを読む

ラピータ

ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの愛好家で、作品について、開催されたピーターラビットのイベントやグッズ紹介、ピーターラビットの故郷英国について紹介するホームページ「ラピータの部屋」のブログです。
ブログに掲載している写真&文章は、すべて転載禁止です。

検索フォーム

ブログ訪問者

月別アーカイブ